「地球はとっても丸い」プロジェクトの面々が心を込めてお届けしたエッセイです。
第1回 古民家を新居に大改装
0
    隔月連載 「新居は再生古民家〜スウェーデン流〜」
    田中ティナ(在エステルスンド・スウェーデン)

     使えるものは大切にいつまでも使うことが大好きなスウェーデンの人々。我が家も例外にもれず、夫の母の母の母のお父さん、つまり夫にとってはひいひいおじいさんが1890年代に建て、夫の母もそこで生まれたという、古い家を譲り受け、私たちの新居として改装することになった。それも自分たちで……。この国は地震もほぼなく、そして全体的に乾燥した気候なので家を食べる害虫も少ない。そのため100年以上の木造家屋でも建物のベースは十分住むに耐えうる状況を保っている場合が多く、こういった相続も可能というわけなのだ。
    1915年の我が家。家の前に立つのは当時のオーナー夫妻
    1915年の我が家。家の前に立つのは当時のオーナー夫妻

     日本なら新築は言うまでもなく改装でも床暖房、電気配線、水道の配管、壁の増築や屋根の張替え、さらに上下水道の整備などは、それぞれ専門家に依頼するのが普通だと思う。ところが夫は改装作業を基本的に自分たちでやると宣言。彼自身、大工の資格を持っているとはいえ、「ホントにできるの?」と、ど素人の私は不安のかたまりだったが、彼の決心はみじんも揺らぎはしなかった。一瞬、私は彼が単に物好きなのかと思ったけれどまわりの人に聞いてみると、自分たちで時間をかけて家を建てたり改装している例があちこちから聞こえてきたのだ。さらに、住むための最低条件が整えば、すべての部屋が完成していなくても、住みながら手直ししているケースもままあるという。

     もちろん、環境対策や改装の決め事など法律が整備されているので地域のお役所へ申請し、チェックを受けながら作業を進めることになる。お役所手続きにはお金がかかるし、担当者によって話のニュアンスが微妙に変わったりするので時間もかかることになる。お役所仕事にはこの国でも忍耐が肝要ということも思い知った。

     「自分たちの家に住みたい」という私たちの思いと「自分の生まれた家を残したい」という夫の母の思いが重なり、義母が彼女名義の家の権利を私たち名義に変更することを快諾してくれたのも追い風になって、2008年、本格的に古民家再生計画がスタートした。

    大改装着手当時の外観。家の真ん中の煙突はレンガを積みなおすために撤去。屋根は今では使用が禁止されているアスベスト製
    大改装着手当時の外観。
    家の真ん中の煙突はレンガを積みなおすために撤去。
    屋根は今では使用が禁止されているアスベスト製

     改装する建物は今住んでいるエステルスンドの郊外30kmほどにある。エステルスンドはストックホルムから北西へ約650kmにある地方の町で、人口は周辺を含めて6万人弱。街を一歩出ればムース(大角鹿)など野生の動物が住む森と湖が広がり自然環境にも恵まれている。

     古民家の土台は石の木造二階建て。最寄りのスーパーマーケットまでは約8km、車で10分ほどだ。お隣には義母の小学校の同級生が年金生活者として暮らしており、道の向かいには羊を飼っている農家の方が住んでいる。家の前には大きな川に続く小川があって冬は全面結氷するが6月の今、私たちの中古ボートも静かな流れに浮かんでいる。水辺に住むことがある種の憧れでもあるので、その意味でも絶好のロケーション。

     改装準備に着手したのは3年前にさかのぼる。こんなに時間がかかるのも冬場、夫はスノーボードとフリースタイルスキーの、私はフリースタイルスキーのジャッジとして活動しているので、改装作業に集中できるのは5月からせいぜい9月と限られているためだ。

     建物は夫とその兄が10代のころサマーハウスとして使ったこともあったらしいが、私がはじめてそこに足を踏み入れたときはまさに倉庫状態。70年代のカラフルな洋服、昔の暖炉やひいおじいさんの時代の領収書など、ありとあらゆる物が詰まっていた。片付けるのになにから手をつけていいのか、とため息をついたものだ。そのため2007年の夏はほぼゴミ出しに明け暮れた。家からいちばん近い粗大ゴミステーションは小さな村のためニーズも少なく毎日開いていないため、そのスケジュールと天気をにらみつつトレーラーに満載のゴミを捨て続けた。

    屋根裏にもしっかり断熱用オガクズが敷きつめられている。屋根を支える部分ももちろん材木
    屋根裏にもしっかり断熱用オガクズが敷きつめられている。
    屋根を支える部分ももちろん材木

     2008年は、部屋を広く使うことができるように必要のない壁を壊し、家を囲む壁に場所によっては三重にも貼り重ねられた古い壁紙をビリビリ、ゴリゴリとはがした。今日では断熱や防音材は扱いやすく効率的な化学繊維製が主流だが、この家が建築された当時はオガクズを使っていた。まるで鰹節の粉ような細かさで壁や天井裏に詰まっているオガクズは、壁を壊すと堰を切ったようにバラバラとあふれ、スキあらば目や鼻に侵入してくる始末におえないゴミ。シャベルですくって大型のゴミ袋に入れトレーラーに積んで捨てに行くこと、数十回だっただろうか? 考えても気が遠くなる。

     でも、今になってみれば「やまない雨はない」のと同じように、「コツコツと続けていればいつかは終わる」ことを実体験することができたのは大収穫だった。


    ≪田中ティナ/プロフィール≫
    2004年よりエステルスンド在住。ライター、カメラ、翻訳業のかたわら、冬はフリースタイルのジャッジとして活動。夏は秋の引越しを目指して夫の母から譲り受けた古民家の改装に夫とともに奮闘中。といっても実態は「かたづけ専門家」
    | 『新居は再生古民家〜スウェーデン流〜』/田中ティナ | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    第2回 片付け終了、さあ家造り
    0
      隔月連載 「新居は再生古民家〜スウェーデン流〜」
      田中ティナ(在エステルスンド・スウェーデン)

       2008年にゴミをかたづけ、必要のない壁や仕切りを取り壊したので家の中はほぼがらんどう。部屋の真ん中に積みかけの煙突が鎮座している。

       家を「造る」段階に移行した2009年の目標は屋根と窓を新しいものに交換し、1階の床をとりのぞくこと。大工作業の基礎知識のない私にとって、ちんぷんかんぷんの分野に突入だ。体力的にも非力な私ではアシスタントもおぼつかないので、仕事の効率を考えて5月と6月の2カ月間、夫の友人、ヨーナスに助っ人を依頼した。

      2009年、作業終了時。この姿で2010年までひと冬越す私たちのドリームハ
      2009年、作業終了時。
      この姿で2010年までひと冬越す私たちのドリームハウス

      ヨーナスの本職はオーレのコック。オーレはスウェーデンでも人気のスキー場だが、夏はダウンヒルバイクや水辺のアクティビティに集まる観光客も冬ほどではなく、スキー場のレストランも閉店してしまう。そのため彼は夏場タイル職人として働いているのだが、今年は2カ月を私たちのために提供してくれるという。自分たちだけで働いていたときはなんだかんだ理由をつけてフィーカ(スウェーデンでお茶することをFikaという)ばかりしていたような気もするが、人を雇うとなると「ちょっと疲れた」とか「天気がいいから釣りに行こう」といって休むわけにはいかないくなる。

      彼の存在は休む言い訳をしないような状況を作ってくれたし、本職の大工ではないけれどちょっとした会話の中から仕事の手順や方法について夫もインスピレーションを得られたり、煮詰まったときには気分転換にもなって、一石五鳥くらいの役割を発揮してくれたのだった。

       さて実作業。まず、煙突はコンクリートでベースを造りその上にセメントをつなぎにしてレンガを積んでいく。煙突が傾かないように水準器を使って各辺の水平を維持しながらの作業。レンガは古い煙突から使えるものは活用し、たりない分だけ買いたした。というのも屋内部分は仕上げに薄いコンクリートでレンガを覆ってしまうのでレンガの見た目は関係ないのだ。ただ、屋根から出ている部分は非常に目立つので新品レンガでエレガントに仕上げた。

       私の仕事はアシスタント。セメントやレンガ運び、セメントを混ぜる機械を洗ったり、たまにはレンガを積んでみたりなどなど。レンガひとつは片手でも楽に運べる重さだけれど、つかんで運んで持ち上げてを長い期間繰り返していたら、ひじの内側がキーンと痛くなってきた。どうやら俗に言うテニスエルボーになったらしい。

      煙突を造る。レンガを積み、中には煙突本体の管と換気用のパイプを配管。すき間には軽石を。屋内部分は薄いセメントでレンガを覆う
      煙突を造る。レンガを積み、中には煙突本体の管と換気用のパイプを配管。すき間には軽石を。屋内部分は薄いセメントでレンガを覆う

       そして、屋根。まずは撤去作業から開始。アスベストのプレートを壊さないようにはずし、地上に運搬。その下に隠れていた昔の木を使った屋根を取り除き、ベースの骨組みを残した。屋根を高くするための材木、ビニールシート、ねじをとめるための横木を追加してプロート(金属)製の屋根を取りつける準備が整った。屋根の資材は色と長さを決め、雨どいやネジなどの備品も含めてフィンランドの会社にオーダーした。

      地上から5.2mの金属板を傷つけないように持ち上げるのは体力と集中力のいる作業だ。夫とヨーナスは鳶職(とびしょく)顔負けの身のこなしで屋根の上を渡っていく。それを横目に見ながら、私は雨どいを取りつける材木のペンキ塗り。ペンキは家の外観の一部にも塗る色なので慎重に吟味した。

      屋根壊す。家のまわりは廃材の山。屋根を取り除くと新品の煙突が誇らしげに登場した
      屋根壊す。家のまわりは廃材の山。屋根を取り除くと新品の煙突が誇らしげに登場した

      5.2mの長いプロートをひとつずつはめ、ねじ止めする。高い屋根の上なので慎重に。雨の日は滑りやすいので屋根の作業は中止
      5.2mの長いプロートをひとつずつはめ、ねじ止めする。高い屋根の上なので慎重に。雨の日は滑りやすいので屋根の作業は中止

       屋根が仕上がるとふたりは窓の交換に着手した。この窓は熱効率を考えたガラスを使った二重窓。こちらは窓枠のサイズに合わせて微調整をしてくれるというポーランドの会社から購入した。

      古い窓ガラスは現代のタイプのようにスムースではなく波打っているのが特徴で、そのノスタルジックな風合いを好む人も多い。寒さ対策のために古い窓を使い続けることはできないけれど、捨ててしまうのは心残りと考えた私たち。ネットで「どなたかいりませんか」と発信したら、古い家を改装している人が「ぜひぜひ」とトレーラーを引いてやってきた。「リユースバンザイ!」である。

       窓は木片を(支って はさんで あてがって)水平になるようにボルトで設置。まだまだその他家造り作業は続くので窓枠やガラスを傷つけないように、すべての窓を内側と外側からビニールで覆った。

      新しい窓設置完了。保護のためビニールで覆う
      新しい窓設置完了。保護のためビニールで覆う

       今年のもうひとつの目標は1階の床をとりのぞくこと。床下が湿気てカビやきのこが生えないよう通風をよくするために、50cmほど床下の土を掘るのだ。床にももれなくオガクズの断熱材が入っていた。袋につめて捨てにいくのにも疲れたので、今回は巨大なブロアーを拝借し裏庭に吸い出した。オガクズの中に混ざっていた細い木や石がホースに詰まって吸い込みが悪くなったときには難儀したものだ。

      床の下は土。ひんやりとしている。通気をよくするために床下を掘る
      床の下は土。ひんやりとしている。通気をよくするために床下を掘る

      この床材は厚く質がよかったので夫の兄が移築して手直ししているログハウスの床へともらわれていった。廃材として燃やしてしまえばそれまでだけれど、どこかで誰かに気にいられて使われているのはとてもうれしい気分。

       魚釣り、友人たちとのバーベキュー、芝刈り、オークション巡りなどなど、短い夏にするべきことはたくさんあるので、2009年の改築作業はここまでとした。


      ≪田中ティナ/プロフィール≫
      2004年よりエステルスンド在住。ライター、写真撮影、翻訳業のかたわら、冬はフリースタイルのジャッジとして活動。この夏は年内の引越しを目標に夫の母から譲り受けた古民家を改装中。といっても実態は「かたづけ専門家」。



      | 『新居は再生古民家〜スウェーデン流〜』/田中ティナ | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第3回 大切な基礎工事
      0
        隔月連載 「新居は再生古民家〜スウェーデン流〜」
        田中ティナ(在エステルスンド・スウェーデン)


        「家の造りは人間の体によく似ている」、とリノベーションを観察しながら思った。私たちの生活に大切な衣食住のひとつ、「家」は安心して生活を営むためには欠くことのできない存在だ。私たちを包み込み守ってくれるこの空間は無機質ながら、実はまるで生き物のようなのだ。上下水道、電気、暖房などなど、ひとつが欠けても生活に支障が出るのは、まるで病気になると思うように動かなくなる、私たちの体そっくりといえるだろう。
         
         去年は不要物をかたづけて柱や梁をチェックし、屋根と窓を新しいものに取り替えた。つまり、体のオーバーホールと骨格の確認したわけだ。

         そして今年になって上下水の配管、電気の配線、床暖房、断熱材などを手配した。壁や床のベースを人間の皮膚と考えれば、それらは皮膚の下に配された内臓にたとえられるだろうか。もう少し細かく考えてみると、飲み水を運ぶ上水は動脈で汚れた水を運ぶのは静脈、電気のコードは神経、暖房関連の配管はエネルギーを口からとって排出するまでの消化器官というのはどうだろう。どの管も普段暮らしているときには壁や床の内側に隠れているので見ることはできないし、とくに意識することはない。でも、快適に生活するために家にはなくてならないパーツなのだ。
        床下にパイプを通すための溝を掘る。水が流れるように下水管は傾斜をつける。電気の配線は家の隅々まで行き届くように全長400m使用  
        (左から)1:床下にパイプを通すための溝を掘る。
        2:水が流れるように下水管は傾斜をつける。
        3:電気の配線は家の隅々まで行き届くように全長400m使用

        左から。水道用のパイプは冬でも凍らないように、床に断熱材を敷いてから、水とお湯がお互いに熱を奪いあわないように離して設置。トイレのタンクは壁の中に入るタイプ。下水用管はトイレと洗面所用(左グレー)で別サイズを用意。電線は事故のないように3から5色に色分けされている
        1:水道用のパイプは冬でも凍らないように、床に断熱材を敷いてから、水とお湯がお互いに熱を奪いあわないように離して設置。
        2:トイレのタンクは壁の中に入るタイプ。下水用管はトイレと洗面所用(左グレー)で別サイズを用意。
        3:電線は事故のないように3から5色に色分けされている。


         そう考えてみると、配管が整った今、残りの仕事はいつも目にする部分のペンキ塗り、壁紙と床材貼り、そしてバスルームのタイル貼りなどインテリア部分の作業。さしずめお化粧やお肌を整える美容マッサージといったところだろうか。

         さて、スウェーデンは国土の一部が北極圏内にあって、私の住む地方は中部、ノルウェーとの国境より、北緯63度11分のあたり。気候的には寒冷氷雪気候地帯にあたる。私の経験では、夏は30度を超えることはなく湿度も低いので快適そのもの。逆に冬はマイナス35度を記録するほど冷え込みが厳しい。

         「天気にあった服装を選ぶならこの世に悪天候は存在しない」という言い伝えがあるが、寒さの厳しい冬でも防寒対策をしっかりして、子どもは外でそり遊びをしたり、親も仕事や買い物にでかけたり普段の生活を営んでいる。もちろん、家の中は家庭によってことなるが、たとえば私たちの住む集合住宅(集中暖房)では室温は23度くらいになるようにヒーターがコントロールされている。つまり、外は寒くても家の中は快適温度というわけ。そこで、この地方で家を建てる場合、冬の室内を快適な温度に保つための工夫が必要になる。昔は断熱材にオガクズをつめていたけれど、今はガラス繊維製のグラスウールを使用するケースが主流だとか。改築中の我が家、壁には14cm、床下は26cmとたっぷり断熱材を入れ込んだ。また、上昇する熱が屋根から逃れるのをストップするため、屋根裏の部分にも注入式でフォームの断熱材の使用を予定している。

         また、断熱材を入れるにしても、室内と外気の温度差があるため結露して壁の中に湿気がたまると、カビやきのこが生えたりして見えない部分にダメージが発生する場合もある。そんなことが起きないように、木の壁と断熱材の間にビニールシートを挟んだり、窓枠の部分は、断熱材の間に空間を設けるなど、場所によって最適な方法を選ぶことが大切だ。
        お湯の流れを計算しながら床暖房のパネルを設置。金属のパネルの上にお湯が流れるパイプを埋め込む。断熱材を設置しながら床の水平を調整
        1:お湯の流れを計算しながら床暖房のパネルを設置。
        2:金属のパネルの上にお湯が流れるパイプを埋め込む。
        3:断熱材を設置しながら床の水平を調整


         熱効率を高めるための工夫は断熱材ばかりではない。換気にも一役買ってもらうことにする。昔ながらの木造家屋なら、適当にすきまがあって自然に換気ができるのかもしれないけれど、現代の家は冬の寒さをシャットアウトするため気密性がとても高い。我が家で選んだ換気システムは、取り込む外気を家の中で使った暖かい空気で温めてから室内に送り込むというもの。熱交換方式とでも言えばよいのだろうか。何事も無駄にせず、使えるものはなんでも活用する精神がこのシステムにも発揮されているようだ。
         
         街中の暖房システムはコミュニティーがまとめて熱を供給するタイプが主流だが、郊外の一軒家となると行政のインフラも整っておらず、個人で準備するのが通常だ。ソーラーシステム、電気の熱で沸かしたお湯をパネルヒーターに通す、また薪を使ったストーブなど暖房の方法は多種多様。検討した結果、私たちはメインに地中熱を利用するヒートポンプシステムを採用することに決めた。これは、パイプを地中に埋め込んでその中で不凍液などをポンプで循環させ、地熱からエネルギーを得て水を温め、その水を暖房に利用するというもの。もちろんなにが起こるか誰にもわからないけれど、最初にパイプ、ポンプや機械本体などに投資すれば、半永久的に熱を供給してくれるシステムと聞いた。再生可能なエネルギーであるところも気にいった理由のひとつだ。

        ≪田中ティナ/プロフィール≫
        2004年よりエステルスンド在住。ライター、写真撮影、翻訳業。冬はフリースタイルのジャッジとして活動。この夏、年内の引越しを目標に夫の母から譲り受けた古民家を改装に励んだが、諸事情により引越しは来年に延期。現場では親方である夫のアシスタント、といっても実態は「かたづけ専門家」。

        | 『新居は再生古民家〜スウェーデン流〜』/田中ティナ | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        CALENDAR
        SMTWTFS
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ