「地球はとっても丸い」プロジェクトの面々が心を込めてお届けしたエッセイです。
<< 第22話 ブラジル人とアイデンティティー | main | 第1回 噛まれて心配、噛んでも心配 >>
146号 長晃枝
0
     140字以内で、今の自分の状況や気持ちをウェブにアップする「ツイッター」が日本でもいよいよ広まってきた。常に情報アンテナを張り巡らし、新しいものをどんどん取り入れる最先端な人々の手から、一般の人々の手にわたったという雰囲気といえばいいだろうか。

     情報番組では、毎日のように誰かが、ツイッターがどういうものか聞いたり、それに他の誰かが答えたりというシーンが繰り返され、ツイッターをテーマとして取り上げたドラマも放映中。ショップその他のさまざまなサイトを開けば、どこかにツイッターを利用したサービス用のボタンがあるといった様相を呈し、テレビCMなどでも、これまでは「詳しくはウェブで」一辺倒だったインターネットへの誘導にツイッターがツールとして導入される例が増えてきている。

     かくいう私もほんの数ヶ月前に、友人の誘いに軽い気持ちで乗っただけのはずが、すっかりハマっている。一時期、かなり流行したmixiなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にはまったく食指が動かなかった私が、である。

     もっともツイッターの「リアルタイムウェブ」らしさが楽しめるのは、世界中で活躍する仲間たちの「つぶやき」。この地球上のどこかで、いつも誰かが何かをしていて、その様子が常にリアルタイムで伝わってくるからだ。ますます「It’s a small world」を実感させられるこの流れに、しばらくのってみようと思う。

     (日本・東京在住 長晃枝)
    | こちら、地球丸編集部! | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://hello.chikyumaru.net/trackback/1034791
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ