「地球はとっても丸い」プロジェクトの面々が心を込めてお届けしたエッセイです。
<< 何かを始めるのに遅すぎることはない | main | 第3回 公安委員がドアを叩いた夜 >>
第1回 笑顔の裏にたくらみあり
0
    連載「わが心のインドネシア、かな?」
    文・写真:ワヤコ(東京・日本)

     大らかな国インドネシアでの暮らしから、秩序の国ニッポンにもどってきて数ケ月。ひさびさに電車に乗ってびっくりした。何たる殺伐とした光景。空席めがけてダッシュする人々、突然、化粧を始める女たち、いい歳して足をなげ出しゲームに興じる2人連れの男ども。まるで、自分以外は透明人間で目に入らない、とでも言わんばかりの傍若無人な行動のオンパレードだ。そして、何がつまらないのか、みんな一様にムッツリ顔で、たまたま目があったりすると一目散に視線をそらす。

    この笑顔は本物
    カメラを向けるとすぐに笑顔でにこやかに応えてくれる。この笑顔は本物。(写真は本文とは関係ありません)

     そこへいくと、インドネシア人はすごい。他人を見ると、こちらがいたたまれなくなる程の笑顔攻撃を送ってくる。挨拶するとき、楽しかったとき、そして自分の失敗をごまかすとき。どんなときも笑顔をたやさない。笑った口元からは、漂白してもこんなには白くならないという程の美しい歯がキラリ。目先や口先だけじゃなく体全体を使っての腹式呼吸の笑顔というのがピッタリだ。鼻先だけで呼吸する儀礼的な日本人の笑顔とは質が違う。笑ってごまかすな!と思うこともしばしばなのだが、それでもこんな笑顔をむけられると日ごろ仏頂面の私でも、つい笑みがこぼれてしまう。まさに笑顔は人間関係の潤滑油、素朴で善良なインドネシア人そのものだな、と思っていた。だが、インドネシアで生活し始めてから1年ほどたったある日、このインドネシア人の笑顔、そう単純なものでもない、ということを身をもって知ることになる。

     それは、ガイドブックにも掲載されているジャカルタでは名の通った高級インテリアショップでの出来事。いつも店の奥のデスクで何やら忙しげにしていた女性スタッフが、他に客のいなかったその日はめずらしく対応してくれた。ピリッとした白いシャツにグレーのスカートのその女性。胸につけた名札には、ストアーマネージャー・ジジ(仮称)とある。大きなクリクリお目めに、やや丸みがかった鼻、大きな声で身ぶり手ぶり話すさまは、人のよさそうなインドネシア人そのもの。「これは何からできているの」「どこで作られているの」などと知っている限りのインドネシア語を駆使して、矢つぎばやに質問する私に、笑顔でにこやかに返事をしてくれる。

     横でいろいろと説明をしてくれる彼女の話に耳をかたむけながら、それでも目だけはキョロキョロと店内を物色していた私は、あるクッションの前でくぎ付けになった。微妙な茶系のグラデーションが美しい3つで1セットのクッション。一瞬にしてわが家のベージュのソファーにピッタリだと感じた。しかし、値札を見ると、ちょっとした洋服並みの金額が書かれている。

     あきらめざるをえない。今月は無駄遣いをしないって、財布の中身を見ながら昨日決めたばかりだった。でも、あきらめきれない。今、ここでの出会いは一期一会と考えるべきなのではないか。などと一人、押し問答を繰り返すこと数分間。その固まったまま動かぬ私を、かたわらに立ち笑顔で見守るジジ。

     しばらくすると、ジジが笑顔で一歩近寄り、「私はニョニャ(インドネシア語で“奥さん”の意)を助けたい。喜んでもらいたい。どうだ?」と、なにやら意味不明のことをささやくように話しかけてくる。「そりゃ、私だって喜びたいよ。でもこの値段じゃ高すぎて買えないよ」と自分の知っているインドネシア語を総動員して返答したものの、この会話って何かかみ合ってないよな、と違和感を覚えた。まあ、慣れないインドネシア語を使ってのことだから致し方ないのだろうと、またクッションに物欲しげな目をむけた。しかし、しばらくすると、ジジはまた同じことを言ってくる。そんなやりとりを繰り返すこと3、4回。

     すると、ジジは、こいつカンが悪いな、まったく何度言えば分かるんだよ、というようなため息をのせた笑顔を見せたあとで、顔を近づけ今度は英語を使っててささやいてきた。(なんだ英語が分かるんなら最初から使ってよ)しかし、その話を聞いた私は、もう飛び上がらんばかりに驚いた。

     彼女の話は、つまりこういうことである。

    「私はこの店の責任者である。なので、この商品の仕入れ先を知っている。そして、私はこの仕入先の人間とは、深い信頼関係があり顔がきく。そこでだが、店を通さずに、私から直接買うのはどうだ。当然、もっと安く買うことができる。そうするとニョニャはハッピーだ。そんな喜ぶニョニャを見ることができる私もハッピーだ。でもこれがバレたら、私はクビになっちゃうから、そこは、ほれ、分かるでしょ。ニコッ」

     ここまで、はっきりと言われてやっと事態がのみこめた私。いや〜、驚いたのなんのって。だって、こともあろうに、店の責任者みずからが背信行為をもちかけるんだもの。ジジは、さらにたたみかけるように「どうだっ、決めるのはニョニャだ。私は別にどっちでもいいんだから。ニコッ」と詰め寄ってくる。

    「えっ?えっと……」と動揺する私。しかし、実にゲンキンなもので頭の中では勝手にカン、カン、カーンと激しく計算する音がしている。お互い顔を見合わせ、しばしの沈黙の後、「そうね〜、でも本当に大丈夫なのかしら」と口では言ったが、もう心は決まっていたのはいうまでもない。その間、ジジは一点の曇りもないような晴れやかな笑顔をたやさなかった。その笑顔に後おしされるように、私は言われた通りの、定価よりも安い値段のさらに半額を、前払い金としてジジにわたした。

    「毒を喰らわば皿まで」とか、「朱に交われば赤くなる」とか、「同じ穴のムジナ」などという故事名言が頭の中でうずまき、すっきりしない気持ちのまま待つこと1週間。

     たしかに、届きました。オーダー通りのものが。

     でも、その後、なんとなく気まずくなって、その店には行けなくなってしまった。だって、またあの満面の笑みで迎えられたら、私はどんな表情を返せばいいのだろう。せっかくお気に入りの店だったのに。ああ、残念。やっぱり後ろめたいことをしちゃいけないのね。

     ジジの懐(ふところ)にいったいどの位の金額が入ったのかは見当もつかないけど、いつもと変わらぬそぶりでたくらみを持ちかけるその笑顔。なかなかどうして、インドネシアの笑顔は一筋縄ではいかないものらしい。



    ≪ワヤコ/プロフィール≫
    約3年間のインドネシア・ジャカルタ生活を終え、6月下旬に日本に帰国。東京在住。インドネシアでは、センスのいいインテリアや雑貨の店を訪れ、コーディネートの勉強にいそしむ毎日を送る。現在、山のように買い集めたインテリア小物を使って、自宅をアジアンホテルのようにしようと画策しているところ。インドネシアと日本のインテリア・アートなどを紹介する記事をブログで更新中。ブログIndonesia Arts&Living



    | 『わが心のインドネシア、かな?』/ワヤコ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://hello.chikyumaru.net/trackback/721984
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ