「地球はとっても丸い」プロジェクトの面々が心を込めてお届けしたエッセイです。
<< 第13話 帰りたくなる台湾 | main | この夏、思うこと/8月 >>
137号/田中ティナ
0
     風光明媚な立地から「アドリア海の真珠」と称され、世界遺産にも登録されているドゥブロヴニック(クロアチア)。町をくるりと取り囲む城壁から眺めると、建物の間が狭く瓦屋根がびっしりと連なっているように見えるのが特徴だ。宮崎アニメのモチーフに起用されたとも聞いたが、赤っぽい色の屋根が澄みきった青空とアドリア海に映え、絵本のワンシーンのようにも見えた。

     旧市街の細い路地をたどると軒先には洗濯物がはためき、新鮮な魚が獲れる土地柄か野良猫がそこここで憩っている。ベンチではおばさま方が世間話にいそがしい。そこに私のような観光客が国内外から押し寄せる。こんな現実が世界遺産の中で同居しているのだ。

     さらに現実はシビアらしい。「旧市街はね、居住面積も狭くて限られているから、このところどんどん住民が減ってるんだよ。城壁をちょっと出たら庭のある家にもっと安く住めるんだからね」と話してくれたのはタクシーの運転手だった。

     さて、我が家から100kmほどにあるオーレはスウェーデンでも人気のスキーリゾートなのだが、こちらも同じような境遇だそうなのだ。

     近年リゾート開発が進み土地も値上がりして何かと住みにくくなり、古くからの住民は少し離れた隣村に引っ越すパターンが増加中。「オーレには愛着があるけれど同じ家賃で広いところに住めるし、今までの仕事場まで通うのもすぐだから」と友人のリカード。

     開発が地元住民に仕事をもたらし、観光客を誘致して経済効果を挙げている。プラスの事実の反面、長年住んできた人にとって住みにくくなってきたという現実がある。時代の移り変わりとはいえちょっと寂しい。

    (スウェーデン/エステルスンド在住 田中ティナ)
    | こちら、地球丸編集部! | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    初めまして。日本在住の作家で、ショウジョノトモと申します。
    2009年のスエーデンのkimonofusion展覧会の記事を見つけ、連絡させていただきました。
    昨年に引き続き、今年はゴーテンバーグに場所を変え、8ヶ月の展示に参加しています。
    色んな意味で、こちらの思惑とは違う形で提示されたりしていますが、日本でもこの展覧会の存在を告知していきたいと思っており、もしご協力いただける媒体があればと思っています。★9月17〜2011年5/28http://www.varldskulturmuseet.se/smvk/jsp/polopoly.jsp?d=126&skipIntro=1&l=en_US
    | ShojonoTomo | 2010/09/28 2:23 AM |









    http://hello.chikyumaru.net/trackback/982732
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ