「地球はとっても丸い」プロジェクトの面々が心を込めてお届けしたエッセイです。
<< 137号/田中ティナ | main | 第14話:旅とともにある人生を >>
この夏、思うこと/8月
0
    夏樹 (フランス・パリ在住)


     夏のバカンスの楽しみのひとつは、友だちとゆっくり話す時間があることだ。

     我が家はブルターニュ地方の小島にある家で夏を過ごすのだが、毎回、何人かの友人に一週間ほどずつ過ごしにきてもらう。お料理したり、ジャムにするブルーベリーを採りに行ったり、潮干狩りをしたりという日常を一緒に暮らすことで、普段、話し合うことができない、その人となりの深みに触れることがある。それを機会に、私は何度、鏡のなかの自分に「これでいいの?」と問うたことか。

     18歳と15歳の子どものママンであるバランチンもそんな友人のひとりだ。ジャックとの20年に渡るおしどり夫婦生活に終止符を打って数年になる。50代に入るちょっと前だというのに、自分から家を出たと聞いて、「大丈夫なんだろうか」と思っていた。

    「だって、もうドキドキしないんだもの、このまま一生終るなんて嫌」

     まあ20年も一緒だったら……でも、それだけの理由で? と思ったのも確かだ。

     独りになってからの彼女を、私たちは頻繁に家に食事に誘った。でも、「彼」の話はまったく出なかったので、「そっかー、ひとりぼっちなのかな?」と思っていた。パリでは、年中、カップルが道端でキスしているし、色恋沙汰のゴタゴタは毎日聞くので、それを横目で眺めながら独りで暮らすのは、ほんとうに辛いはずなのだ。

     しかし、このバカンス中に、秘密の話をたくさんし合って、やっぱり「彼」は存在することが判明した。ただ、結婚している人なので、表向きにはしていなかったらしい。

    「でもね、この年になると、『今度こそは結婚に持ち込もう』とか、『今、出産しないともう遅い』とか、あるいは『避妊するの忘れたけど妊娠しちゃったらどうしよう』そういう思惑がなくなるでしょう。だって、私は全部経験しちゃったんだもの。見返りを全然期待しないで、なんにも求めないで、ほんとうに純粋に恋できるのって、年とってからなんだってわかったわ」

     人生、まだまだ楽しい発見が待っていそうだ。

    ≪夏樹(なつき)/プロフィール≫
    フリーランス・ライター。在仏約20年。パリの日本人コミュニティー誌「ビズ・ビアンエートル」や日本の女性誌に執筆。
     
     
    | 『夏樹のエッセイ』 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://hello.chikyumaru.net/trackback/983136
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ